コンサルティング

コロナ対策補助金・助成金の使い方【申請方法からポイントまで】

新型コロナウイルス対策,雇用調整助成金,宣伝ツール

※2020年第9号

みなさん、こんにちは!株式会社ビジョン・コンサル、お客様とお客様を繋ぐマーケッター滝原雄太ですm(_ _)m

世間ではGWも満喫できない!?まま、2020年の長いゴールデンウイークが終わり、県によっては今日から自粛を徐々に解除されているところもありますね。弊社がある広島県では、県の発表によると週明けの5月11日(月)から自粛を徐々に解除していく!?という報道もあったりしますが、どうなることやら・・・??

ということで、まだまだ新型コロナウイルスに対する対応が必要な時期!そこで、今回のブログでは、読者の方やお付き合いのある方などから多々寄せさられたご質問やお困りごとに一つひとつお答えしていこうと思います。

今回お伝えする内容は、

  • 雇用調整助成金の申請方法等について
  • 持続化給付金の申請について
  • 現在、無料で使えるGoogleなどのホームページ作成サービスについて
  • 広島県の助成について

です。ぜひ、あなたのビジネスにご利用くださいm(_ _)m

1.雇用調整助成金について

まず、一番ご質問等が多かったのが、『雇用調整助成金』について。(詳しい情報は厚生労働省のホームページ→こちらをクリック!をご覧ください。)

新型コロナウイルスによる自粛要請により、多くの企業が休業や短縮営業を余儀なくされ、従業員さんの給与等に影響が出ることを踏まえ、早い段階で国が利用を促していた制度です。

で、この制度、どういった質問が多いか!?というと、、、

  • 書き方や必要書類がよくわからない!←これがNo.1
  • 電話がつながらない←これはどの制度でも同じ(笑)
  • 専門家に頼みたい←お気持ちはよくわかりますm(_ _)m

という3つの問題。そちらをざっくり解消していきたいと思います!

(1)申請方法について

まずは、一番ご質問等が多かった『申請方法』について。こちらの社労士の先生(Sen社会保険労務士法人)がわかりやすく解説されているYouTubeの動画が参考になると思います。

こちらは、画面にも出てるかと思いますが、令和2年4月1日以降対応版となっておりますが、基本的にどのように雇用調整助成金というものを利用するのかをしっかり説明していただいておりますm(_ _)m

また、5月に入ってからの報道で現在以上に簡易な申請方法になる!という話もありますが、そちらの方はまた情報が入り次第お伝えしようと思います。ただ、現時点(令和2年5月7日現在)での雇用調整助成金の注意点をいくつかお伝えします。

1)さかのぼっての申請は1回だけ

通常の雇用調整助成金は、休業する前に申請を出して、その上で従業員さんに休業手当を先に払い、後に助成金として振り込まれるという制度。(しかし、そんな事前に休業しようと考えられる業種ってすごく少ないと思うが・・・www)

しかし、今回の新型コロナウイルス対策で雇用調整助成金は事前の申請は必要ない!ということ。しかしながら、この後だし申請は1度しか使えません!!ということは、3月分と4月分の申請を4月に出したとしたら(ここで、3月分に関して後だし申請をしています)、5月分の申請もだそう!と思ったら、4月中に申請を出さなければならないわけです。

なかなか、この辺がよくわかりにくいとは思いますが、とにかく、一番最初の申請を出すときに、休業保証をしようと考えている期間全ての申請を出す!というのが大切です。

 

2)助成がもらえるかはわからない

次にこれが1番の問題点だと思いますが、ちゃんと申請を出したとしても助成金がもらえる!という保証はありません。また、この助成金の一番重要なところは、雇用主側が従業員さんに対し、先に!休業補償のお金を払ってからの話です。

ですが、実際問題ですが、この申請があまりにも多くて(先ほども書きましたが、めちゃくちゃ使い勝手が悪いので今までほとんど申請がなかったそうです、)審査が間に合っていない!ということで、逆に後出しジャンケンで審査に落ちる可能性もあります。そこのところはリスクとして考えておかなければなりません。

(2)専門家に頼みたい!

この雇用調整助成金ですが、基本的には社会保険労務士の方がやるもの。ですが、

  • 使い勝手が悪すぎる
  • 書類がめちゃくちゃ多い
  • 休業なんてする企業は数少ない
  • もらえるのが遅すぎる
  • 先に休業手当を出せる体力のある会社はほとんどない

といったように、とにかく!申請を出される企業さんが少なすぎて、ほとんどの社労士さんは申請をやったことがないのだそう。ですので、なかなか代理を受けてくれないとお聞きしています。どうしても社労士さんも責任が持てないので、今回に関してはあなた自身でやるしかないのかな!?と私も思っています。

2.持続化給付金について

個人事業主最大100万円、法人最大200万円の給付金の『持続化給付金』、申請が5月1日(金)から始まりました!申請のページはこちらをクリック!!

全てネットを使っての申請ですし、そんなに必要書類も多くはない、かつ写真画像でオッケーですので、まだ申請出されていない方はぜひ申請を出してみてください(^O^)/

3.無料のツールについて

ここ最近、様々な企業が、企業独自の新型コロナウイルスにおける経済不況の影響を受けています。この不況を打開するため、無料で利用できる宣伝ツールがたくさんあります。例をいくつか挙げますと、、、

というように、この新型コロナウイルスに対してのサービスであったり、もともと無料で使えるツールを出していたりといろんなサービスがあります。本日は、その中でGoogleサイトについて簡単にお伝えします!

Googleサイトについて

 

こちらは簡易的なホームページがドラッグ&ドロップで簡単に作成できるツールです。もちろん、Googleが提供しているものなので、GoogleマップやYouTubeなどの貼り付けは非常に簡単にできるものになっています。

が!ちょっと気をつけて欲しいことは、先ほどご紹介したJimdoWixペライチと異なり、見栄えのいいテンプレートが少ないのでちょっと使いにくいかな〜!?と思っています。もちろん、今後の更新で様々なテンプレートが出てくる可能性もありますが、もし、今の時点でホームページなどを作って今後の宣伝広告に利用しようと思うなら、JimdoWixペライチを利用するのをお勧めします。

コンサルティングのご案内

 株式会社ビジョン・コンサルでは、通常初回10,000円(税抜き)/1時間のコンサルティング費用がかかりますが、昨今の状況を鑑み、初回相談料無料(1時間)のコンサルティングを行なっております。弊社のコンサルティングは以下のような方にオススメです。

  • 補助金・助成金が使えるかわからない
  • 補助金・助成金の申請方法のアドバイスが欲しい
  • コロナウイルスが終息した後、自社の売上アップを目指したい
  • テレワーク等、WEBを使って仕事をする方法が知りたい

 もし、これらの項目に一つでも当てはまるものがございましたら、株式会社ビジョン・コンサルまでお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら